logo

【アプリ開発の費用がわかる!】作りたいアプリの予算を教えてくれるツールとは?

スクリーンショット 2015-08-15 18.42.46


 

アプリ開発を外注しようと思ったらどれくらいの費用がかかるのか。

気になったことがある読者は、多いんじゃないでしょうか。

 

逆に、アプリ開発ができる人からしたら、1本のアプリを作ればいくら儲かるのか。

そんな疑問を少なくとも自分は持ったことがあります。

 

そんな時にアプリ開発の費用が予測できるツールを発見したので、紹介します。

How much to make an app」というサイトで開発費用を計算していきます。

実際にどんなアプリを開発するのか、シミュレーションしていきましょう。

 

何度も繰り返したくなるアプリの予算シミュレーション


スクリーンショット 2015-08-14 23.44.06

まずは、デバイスを選択します。

ここではiPhoneアプリにしてみましょうか。

 

スクリーンショット 2015-08-14 23.51.28

続いてログイン方法ですね。

今やソーシャルログインが一番UX良いですかね!

ちなみにサイトでは費用がここまででいくらかを右上に表示してくれています。

 

スクリーンショット 2015-08-14 23.47.32

プロフィールは面倒なのでいりません。

 

スクリーンショット 2015-08-14 23.47.52

レビューは、僕はつけたことありませんが、つける人は意外と多いと思うので。

レビュー機能は予算に響くよとわざわざ忠告してくれています。

 

スクリーンショット 2015-08-14 23.47.40

アプリ内課金のシステムにしてみましょうか。

 

スクリーンショット 2015-08-14 23.48.05

せっかくなのでサイトと連携させましょうかね。

 

スクリーンショット 2015-08-14 23.48.16

整ったUIが一番良いので。

 

これで、質問は最後です。

今回のアプリを開発するのにかかる費用がこちら!

 

スクリーンショット 2015-08-14 23.48.37

 

日本円にしておよそ¥500万といったところです。

イマイチ安いのか高いのかよく分かりませんが。

 

このサービスのうまいところは提供している会社がアプリなどを制作している会社で

そのままこの費用で依頼することが出来るのです。

 

もちろん日本の企業にお願いするとなったらもっと安いかもしれませんが、

開発費用を測るのには良さげなツールです。

 

実際に作ろうとは思わなくても、

アプリ開発するのにいくら費用がかかるのか知っておくのは良い機会だと思います。




コメントは受け付けていません。