logo

女性主導の恋愛アプリ「swish(スウィッシュ)」に課金してみた!


8/21に「swish(スウィッシュ)」という女性主導の恋愛アプリがリリースされました。(現在iOSのみ)

運営元は、同じく恋愛アプリで有名なPoiboyやYYCなどを事業としている株式会社Diverseです。

swishの特徴として、これまでの恋活・婚活アプリと違うのは、「デートプランを女性が評価する」という点でしょうか。

swishの使い方がイマイチ分からないという方もいると思うので、一連の利用の流れについてまとめてみます。

 

swishの利用の流れ

 

 

1. 女性が好きなこと、興味あることを選択

2. 男性が相手としたいデートプランを女性にアピール(女性からのアピールも可)

3. 女性が★で評価(5段階)

4. ★をつけられたらメッセージでのやり取りが可能に

というフローになっています。

ただ、女性からアピールされた場合は、そのままやり取りできるようになります。

 

上の4つの流れをアプリの画面を用いて分かりやすく紹介したいと思います。

男性と女性で表示画面が異なるので、女性側は「毒舌エリーの恋活塾」さんより引用させてもらっています。

 

1. 女性が好きなこと、興味あることを選択

まず、女性は会員登録時に好きなこと(デートプラン)を5つ以上選択します。

出典:毒舌エリーの恋活塾

 

2. 男性が相手としたいデートプランを女性にアピール(女性からのアピールも可)

男性が女性にデートプランを提案します。女性が選んだ興味あることを元にランダムで「焼肉食べたい」や「寿司食べたい」など提示されます。

「全部したい」は30ポイント消費することで、女性にアピールすることができます。

タイプの女性が表示されて「どうしても話したい」と思ったら全部したいをアピールすると効果的でしょう。そこまで数多くできるわけではないので、女性にとっても嬉しいはずです。

 

3. 女性が★で評価(5段階)

男性から来たおさそいを女性は★1~5で返答します。また、男性から来たおさそいに反応するだけでなく、自分からも探せるので、良い相手がいないなと思ったら自分から探すこともできます。

出典:毒舌エリーの恋活塾

 

4. ★をつけられたらメッセージでのやり取りが可能に

女性が★で評価すると、やりとりができるようになります。

もちろん★5に近ければ近いほどメッセージが返ってくる確率は高いでしょう。

 

 

swishの課金プラン

男性陣はマッチングアプリを使う上で課金してメッセージがきちんと返ってくるか、出会えるのかという点を気にしているかと思います。

特に今回のswishは、評価をつけられた段階でメッセージが送れるようになるので、評価が★1つでもマッチングが成立してしまうわけです。かつ★がいくつ付いたかは課金しないと分からないというところがいやらしい気もします。

 

swishの料金体系

アプリ内でも確認できますが、swishの料金体系は以下のようになっています。

・1ヶ月プラン:3,600円

・3ヶ月プラン:3,133円/月

・6ヶ月プラン:2,900円/月

・12ヶ月プラン:2,067円/月

金額感としては、他の恋活・婚活アプリと同様で、一般的な料金体系になっています。

続いて、課金すると何ができるようになるのか見ていきましょう。

 

課金してできる2つのこと

1. メッセージのやりとりが出来るようになる

2. 女性からもらった★の数が分かる

女性からもらった★の数が課金しないと分からないという点がちょっとイヤらしいですが、課金して出来ることは他のアプリとそこまで変わりません。

男性陣は、swishを1日使ってみると分かりますが、通知の数が尋常じゃないです。

女性が★をつけた時点でやりとりができるようになってしまうので、★1でも通知が来ます。とはいえ課金しないと★の数が分からないので、女性の反応がどれだけ良いのか見えないんですよね。

 

実際に課金してみた

ここまで読み進めていただくと実際にやりとりができるようになっても実際メッセージが来るのかどうか気になるところでしょう。

僕が実際に1ヶ月プランを課金してみて、利用開始から10日ほど経ったので、何人からどういった評価がもらえるのか載せていきます。

女性からの評価は、顔やステータスでブレるはずなので、あくまでご参考までに。

 

すべての人からもらった評価のまとめ(人数)

★5:6

★4:6

★3:26

★2:14

★1:87

 

やりとりが続いてる人からもらった評価のまとめ(人数)

★5:1

★4:1

★3:2

★2:1

★1:1

 

全体の2/3くらいが★1という結果になりましたね。

個人的な感覚としては、★3をつけている人は可もなく不可もなくということで、相当キャッチーなメッセージを送らないと返事が来ないと思いますね。

たぶん男性陣は、久しぶりに★1以外を見たと思ってテンションが上がるかもしれませんが、ご注意を!

 

全体としては、自己紹介文もまだ書いてない女性が多いので、最初の一言目が難しいというのが現状ですね。「スポーツ観戦」や「フェス」が好きなことだったとしても、自分の知らないジャンルのスポーツや音楽だったら話を進めるのが難しいと思うんですよね。

たわいもない話になりがちだなと思います。

それでも評価した時点でやりとりができるので、男性としてはやりとりが続く全体の数というのは多くなりそうなイメージです。

swish(スウィッシュ)を使ってみる




公開日:2017年3月2日