logo

【国別徹底比較!】プログラミング×留学が今アツい!!

スクリーンショット 2015-05-28 9.17.40


 

ここ最近、語学留学も人気が出てきて、プログラミング学習にも人気が出始めています。

自分もそうですが、英語を学ぶ留学もしたし、プログラミングスクールにも行ったため

両方とも非常に好奇心が強いです。

 

そういう人のために

「だったら両方学べばいいじゃん」

というなんとも贅沢なプログラミング留学がスタートしています。

 

午前は英語、午後はプログラミング。

こんな授業スタイル素晴らしいですね。

 

各国ごとに見ていきましょう。

 

フィリピン


スクリーンショット 2015-05-27 22.35.50

http://nexseed.net/engineer-course/

Nexseedでは、セブ島でゼロからプログラミングが学べます。

学べる言語:PHP、Objective-C

カリキュラム:英語(3時間)、プログラミング(3時間)

特徴:マンツーマンレッスン(英語)、3ヶ月でサービスリリースまで。

 

フィリピンの人は、最近ではスカイプ英会話の講師が増えているなど

指導の質は確実に上がっていると感じます。

また、エンジニア留学の方も10年以上のキャリアを持つ人などが

分かりやすく指導しています。

 

 

フィジー


スクリーンショット 2015-05-27 22.34.20

http://fiji.lanway.jp/index.html

Lanwayでは、エンジニアとしてだけでなく、マーケターとしてもオススメです。

学べる言語:HTML/CSS, PHP, Objective-C, Java

カリキュラム:午前英語、午後プログラミングなど

特徴:EOPという英語以外使えないシステム、授業料の圧倒的安さ。

 

フィジーは自分自身も留学していた国で、

週末に観光するにも、現地人と触れ合うのもこれほど良い国はないと思っています。

就職サポートもしてるので、そのままエンジニア就職も出来るはず!

 

 

インド


スクリーンショット 2015-05-27 22.38.26

http://india-it-school.com/

インドIT留学では、同時に英語とプログラミングを学ぶことは出来ませんが、

目的によってコースが選べます。

学べる言語:HTML/CSS, Java, Objective-C, PHP, C言語

カリキュラム:6時間/日(コースによる)

特徴:アジアのシリコンバレーと言われているバンガロールでプログラミングが学べる。

 

ITで勝負したいのであれば、「インドでしょ」というのは間違いないです。

ここ2013年と2014年のスタートアップへの投資額の成長幅を見れば明らかです。

メンタルも確実にタフになるはずです!

 

 

以上プログラミング×留学の紹介でした。

自分自身、留学も2度しているし、

プログラミングスクールにも以前通っていたので、

客観的にどこが良いのか紹介できる自信があります。

 

留学についても、プログラミングについても遠慮なくお問い合わせください!

 

参考までに…

【無料で学べる!】独学でプログラミングが学習できるサービス10選

 




コメントは受け付けていません。