logo

【徹底比較!】最新のライブ配信・ライブコマースアプリまとめ


今回は次世代のサービス「投げ銭」機能が備わったライブ配信アプリやライブコマース(物販動画配信)について特徴・サービスの違いをまとめてみました。

現在流行っている主流のものから、これから!といった新規ユーザーの方向けのアプリも様々なものが流通している現在、これさえ抑えておけばもう大丈夫!そんなオススメサービスをご紹介します。

 

【目次】

ライブ配信

TikTok

イチナナ

SHOWROOM

LINE LIVE

MixChannel

 

ライブコマース(物販動画)

メルカリ

Live Shop

BASE

mimiTV

PinQul

 

 

1. TikTok

新感覚!15秒動画でたくさんのいいね!がもらえる気軽投稿

15秒の口パク動画、と言えば2017年に女子高生の間で話題になったTikTokの名前が浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

その一番の魅力は「指定の音楽に合わせて踊って口パクするだけで盛れる(可愛い)コンテンツが出来る」という手軽さでしょう。

視聴者が配信者に対して課金する、所謂投げ銭システムはありませんが自撮りなどでいかに盛れるかどうかを重視する若い世代には盛れる動画という存在は比較的新しいサービスでした。

現在の若い世代は「いいね!」なくしてコンテンツの投稿はあり得ません。

女子高生などは休み時間の間に15秒で気軽にとれる(勿論何度も取り直しているでしょうが・・・・・・笑)動画でいいねを稼ぎ自分達の盛れる動画を作成出来る。視聴者は可愛い動画をたくさん見れる。という事で2017年あたりからTwitterでの拡散などにより爆発的に知名度をあげました。

TikTokのアプリへ

 

 

2. イチナナ(17 Live)

東アジア圏で大流行!投げ銭システム導入のライブ配信の大本命

投げ銭システムを導入後、中国、韓国で現在大流行しているのがこのアプリ「イチナナ」です。

配信画面がこちらになります。視聴者が配信者に向けて課金(スタンプを押す)と配信画面にスタンプが表示され配信が盛り上がるといったシステムになっています。

さらに課金金額が多い視聴者は配信画面上部に表示されたり配信者にコメントをもらえたりと視聴者にも様々な優遇があります。

世界でのユーザ数は3200万人とアジアでの人気はダントツと言える数字を誇っており、視聴者側からすれば「常に有名な誰かが配信をしている」為暇つぶしとしては最適なのが人気の秘訣。

ちなみにトップライバーは「瞬時に数百万円を稼ぐ!」と謳ってはいますが実際にライバーの手元に入るのは課金された金額の20%程度。運営サイドが半分以上持っていってますね笑

とはいえ、配信者は配信終了後にこのようなスコアを毎回確認出来るなど、機能としては現在ライブ配信アプリではトップクラスの性能を誇っています。

イチナナのアプリへ

 

 

3. SHOWROOM

アバターとして視聴者が参加!?一体感が味わえるライブ体験機能

ショールームの特徴はなんといってもアバターが視聴者として参加できる「仮想ライブ空間」の演出にあるでしょう。

また配信アプリが流通する現在の中では最も高画質というのも魅力の一つです。

仮想ライブ空間と言うだけあって確かに他のサービスとは違う空間が出来上がっています。そして課金やコメント、視聴した回数などによって視聴者は最前列に来れるという視聴者のメリットも備わっており、双方が楽しめる仕様となっています。

実際ここで人気が出ると芸能界デビューのチャンスもある、というのも魅力の一つです。

投げ銭システムの配信者の手取りは30%程度と言われていますが、実際の所正当に報酬が支払われないなどの声も上がっています。

SHOWROOMのアプリへ

 

 

4. LINE LIVE

視聴者一人で一円稼げる!明朗報酬が画期的!

LINEと言うといまや世界で最も使われているアプリといっても過言ではないでしょう。

日本人でスマートフォン所持者の約89.9%がダウンロードしている(2018年4月現在)LINEが運営するライブアプリ。

そして、ここでは芸能人が配信する専門コーナーも設けてあるため、ここでしか見ることのない姿を見ることも可能です。

運営・知名度・収入この三点において最も実力のあるアプリと言えるでしょう。

LINE LIVEのアプリへ

 

 

5. MixChannel

ミクチャの相性で知られる人気急上昇アプリ

こちらは前述のTikTokと同じ短時間動画作成のアプリになります。

その時間はなんと10秒。これより短いものはないだろうと言えるほど、極限に時間を削ってあるイメージが強いです。

このアプリは現在CMも放送中で、トップユーザーである「まこみな」は二人で曲に合せて可愛く踊る「ツインズ」で有名になりました。

他にもカップルで投稿するユーザーが話題になっており、真似をする若者が後を絶ちません。「カップル動画」と二人で踊る「ツインズ」いまやミクチャは女子高生の現代化の象徴とも言えるでしょう。

MixChannelのアプリへ

 

ここからはライブコマースのアプリを紹介していきます。動画で物を売る仕組みがどんどん増えてきていますね。

 

6. メルカリ

物販をライブで?完全新感覚配信サービス!

一際異様な存在を放つのがこちら。メルカリが提供するライブ配信サービス「メルカリチャンネル」です。

フリマアプリ「メルカリ」の新機能として追加されたメルカリチャンネルでは、視聴者から販売商品の情報をリアルタイムで相談が可能の新感覚サービスとなっております。

現在は視聴は誰でも出来ますが、配信は運営サイドから許可がおりた正当ユーザーのみですので安心・安全の保証という意味合いも強いですね。

メルカリのアプリへ

 

 

7. Live Shop

アンケート機能なども充実!正統派ライブコマースアプリ!

さて、こちらは意外と知名度は低いと言われていますがライブコマース(物販動画)配信としてはもっとも機能性が充実していると言えます。

コメント機能などで配信者と交流できるのは勿論、配信者が作成して公開できる番組表、アンケート機能、配信を撮影できるスナップ機能、配信中に購入できるカート機能。

こういった面で差別化か出来ている印象です。

しかし現在配信者、番組の数が少なく、動画の画質も低画質と少々粗め。

これからのアップデートと配信者の増加が課題のアプリです。

LIVE Shopのアプリへ

 

 

8. BASE

商品の魅力を伝える超高画質。業界ナンバーワンのこだわり

BASEの最大の強みはなんといってもその超高画質でしょう。

開発者の「ユーザーに商品の魅力を伝える為に細かい部分まではっきり見せてあげる事が重要」という思いが形になったのがこの結果。個人的には一番のお気に入りです。

タイムラグ(遅延)が重要なポイントである通常のライブ配信とは違い画質に徹底的に拘り抜いた姿勢が好感がもてます。

BASEのアプリへ

 

 

9. mimiTV

おしゃれ女子必見!国内最大級のビューティーコンテンツ発信アプリ

mimiTVは主に10代後半~30代後半の女性に向けてコスメ・ヘアメイク・メイクなどの美容情報を配信する動画メディアです。

こちらはライブ配信と言うよりは動画配信に近い形になりますね。紹介されたコスメなどはアプリ内で購入が出来ます。

コスメ・メイク道具については専門的な商品は種類も多く、デパートなどに行かないとおいてない商品も多数存在するため貴重ですね。

現在配信者も募集しており、主にモデルやタレントなどが活躍されています。

mimiTVのアプリへ

 

 

10. PinQul

ライブ配信の仕方まで徹底アドバイス!配信者待遇が備わった高機能サービス

配信をしている途中で必ずあたる壁として「どういったことを話せばいいのか?」「どうやって集客したら良いのか?」

こういった悩みがあることは明白ですがこの悩みに真っ正面から向き合ったのがPinQulです。

画質ではBASEに一歩及びませんが

  • 決算の簡略化(衝動買いの助長)
  • プロモーション動画の作成
  • ライブ企画運営アドバイス

など、「配信者がいかにして商品をたくさん販売できるか?」というサービスについては最も力を入れていると言えるでしょう。

実際、配信者が最も増加傾向にあるのはPinQulだという意見は多く、番組数も現在かなり増えています。配信出来る承認が下りやすいというのも配信者にとっては有り難いですね。

PinQulのアプリへ

 

最後に

現在ますます発展傾向にあるライブ配信、またライブコマースという分野。

個人の露出メディアが増えてきている現在、ネットアイドル・カリスマライバーなどの新しい分野での魅力を放つ人材はどんどんあふれてきています。

この記事を参考にして、自分に最も適した環境を是非手に入れてください。




公開日:2018年4月24日